CAMPO GROUP

カンポグループは「新エネルギー」で社会に貢献します!

企業情報

ご挨拶

カンポグループは、新エネルギーで社会に貢献します。

限りある資源の循環活用と、環境負荷の低減が叫ばれ、新しいエネルギーの開発及び活用の必要性が高まる今日、当社の果たすべき役割と責任は非常に重大であると強く認識しています。

当社は1968年創業以来の廃棄物収集運搬事業はもとより、1995年にはじまるRPF(固形燃料)製造事業は進化を重ね、現在「エナジーカンポ2」として高品質なRPFの大量生産を進め、化石代替エネルギーとして各方面より高い評価をいただいています。又、2007年よりホールディングス制に移行し、株式会社カンポホールディングスを持株会社としてグループ各社がそれぞれの専門分野で個性を活かし積極的な環境保全事業活動を展開しております。

環境マネジメントの国際規格であるISO14001もグループ全体で認証取得し、2011年7月には、「エナジーカンポ2」がRPFに係るJIS工場としての認証を受けました。

新しい発想と行動力で、廃棄物の再資源化、地域新エネルギービジョンによる資源循環型社会の形成に寄与したいと考えております。RPFの明るい未来に向かって、今後ともご支援いただきますよう、よろしくお願いいたします。

カンポグループ代表 山田 実

経営理念

  • 私たちは、環境事業を通じて社会に貢献し、行動力と創意工夫によりお客様に良質のサービスと満足を提供いたします。
  • 私たちは、法令と社会規範を遵守し、常に高い倫理観をもって健全な経営を行います。