グループについて

テックス・カンポ 事業内容

一般廃棄物処理業

 事業活動から発生したごみは、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(第3条)」において、そのごみを排出した事業者が処理責任をもつと定められています。
 また、「京都市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例(第19条)」においても、事業者自らが処理しなければならないと定めています。
 事業系廃棄物は「産業廃棄物」と産業廃棄物以外の「事業系一般廃棄物(事業系ごみ)」に分類されます。
 事業系ごみとは、店舗・会社・工場・事務所などの営利を目的とするものだけではなく、病院・学校・官公署など、広く公共サービス等を行っているところも含めて、事業活動からだされるごみをいいます。京都市では収集しませんので、自己処理するか一般廃棄物の許可業者に委託して処理しなければなりません。
 テックス・カンポは京都市一般廃棄物処理業の許可を有し、事業系ごみの処理をお任せ頂けます。

お問い合わせの際は以下の条件を予めご確認下さい。

1.収集回数

営業日数を考慮して、1週間に何回くらい収集が必要か検討して下さい。

2.収集時間

営業時間を考慮して、何時頃収集が必要か検討してください。

3.収集量

1日に排出するごみ袋の数やごみの内容物を確認して下さい。

4.収集場所

ごみを排出する場所を検討して下さい。排出・保管に便利な専用容器等の販売・リースも行っております。